耐油性ビニルキャブタイヤケーブル

O-VCT




一般にVCTは耐油性ケーブルと言われています。
これはビニル材料がゴムのように膨潤しないからです。
しかしビニルは油に漬けますと硬化し柔軟性を失い移動ケーブルとして使えなくなります。

当社のO-VCTに使用している材料は長期間油に侵漬しても硬化しません。又、低温でも硬
化が少なく柔軟性を失いません。





油侵後の引張特性比較
一般ビニル
耐油性ビニル

(注)1.10℃〜−5℃程度の低温環境下でケーブル表面がうっすらとくもることがあります。
(特性の低下はありません。20℃程度になると焼失します。)

2.耐候性は一般グレードと異なります。
一般グレード・・・・・・・・・・(変色硬化→クラック発生)
耐油グレード・・・・・・・・・・(発汗現象→ゴミ附着→変色殆どなく、わずか硬化)


  • 600V以下工場内、機械内部配線で油の附着する個所に適しています。



    閉じる